Googleアナリティクスのデータが正しく送信されていることを確認する3つの方法

WebサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設置する時、管理画面からトラッキングコードをそのままコピペしただけであれば、「設置したけど動いていなかった」ということはあまりないと思います。

しかし、イベントトラッキングをする時など、アナリティクスの JavaScript に何らかの手を入れた場合は注意が必要です。JavaScriptのエラーなどにより、「トラッキングコードを設置したつもりになっていたけど、データが送信されていなかった」ということがあり得るからです。

この記事では、Googleアナリティクスのサーバにトラッキングデータが正しく送信されているかどうかを確認する方法を3つ紹介します。

1. Googleアナリティクスの「リアルタイム」の確認

Googleアナリティクスの「リアルタイム」では、ユーザーの行動をリアルタイムで確認できます。確認したいサイトをブラウザで開き、別のタブで「リアルタイム」を開いて、アクティブユーザ数が1人以上になっていれば、 トラッキングコードでデータが収集されていることがわかります。

以下、確認の手順です。

  1. 確認したいサイトをブラウザで開きます。
  2. 別のタブでGoogleアナリティクスにログインし、トラッキングコードを設定したプロパティのいずれかのビューに移動します。
  3. 「レポート」タブを選択します。
  4. 「リアルタイム」>「サマリー」の順にクリックします。

2. ブラウザのデベロッパーツールを使用し、データが送信されていることを確認する

Google Chromeの「デベロッパーツール」、FirefoxのFirebugなど、最近の主要なブラウザには開発者向けのツールが付属しています。このツールを使ってブラウザとサーバの通信を確認し、データが正しく送信されていることを確認することが出来ます。

以下、Google Chromeの「デベロッパーツール」の例です。

  1. 「その他のツール」>「デベロッパー ツール」の順にクリック。

    Googleデベロッパーツールの起動

  2. 「Network」タブをクリック。

    GoogleデベロッパーツールのNetworkタブを選択

  3. 「http://www.google-analytics.com/collect?…」宛にリクエストが送られていることを確認する。

    検索ボックスに “collect” などと入力して絞り込むと見易いです。

    Googleデベロッパーツールでアナリティクスへのデータ送信を確認

3. Google Chromeの拡張機能「Google アナリティクス デバッガ」を使用する

Google Chrome の拡張機能 Google アナリティクス デバッガ を使うと、上記デベロッパーツールで確認した内容をより詳細に確認することが可能です。

「Google アナリティクス デバッガ」をインストールし、ページをリロードすると、以下のようにデベロッパーツールの「Console」に送信されたデータが表示されます。

Googleアナリティクスデバッガー: データが送信されている場合

比較のために、データが送信されない時の動作も見てみましょう。

まず、「Google Analytics オプトアウト アドオン」をインストールしている場合など、ユーザがアナリティクスへのデータ送信をオプトアウトしている時は、次のように “User has opted out of tracking.” と表示されます。

Googleアナリティクスデバッガー: オプトアウトしている場合

次に、JavaScript のエラーがあってGoogleアナリティクスへのデータ送信に失敗している場合です。この場合、JavaScript のエラーは表示されますが、Googleアナリティクスデバッガのメッセージは表示されません。

Googleアナリティクスデバッガー: JavaScriptエラーの場合

スポンサーリンク
スポンサーリンク:

フォローする