Time Machine ボリュームを直接操作する(3)

本題の「Time Machine ボリュームの <ホスト名>.sparsebundle をバックアップ先として認識させない方法」について。

結論から言うと、<ホスト名>.sparsebundle 直下(mountしてない状態)の com.apple.TimeMachine.MachineID.plist というファイルの中に バックアップするマシンの情報が書いてあるので、このファイルを rename すればオッケー。

$ cd /Volumes/TimeMachine/komacbook.sparsebundle
$ sudo mv com.apple.TimeMachine.MachineID.plist com.apple.TimeMachine.MachineID.plist.old

ちなみに com.apple.TimeMachine.MachineID.plist の中身はこんな感じです。 MAC Address と UUID でマシンを識別してるみたい。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>VerificationDate</key>
    <date>2010-11-07T15:14:21Z</date>
    <key>VerificationExtendedSkip</key>
    <false/>
    <key>VerificationState</key>
    <integer>1</integer>
    <key>com.apple.backupd.BackupMachineAddress</key>
    <string>c8:bc:c8:8d:7c:df</string>
    <key>com.apple.backupd.HostUUID</key>
    <string>51E864D9-AAEF-5EED-AF70-F80513A91ADB</string>
</dict>
</plist>

というわけで、実は ACL や MAC (Mandatory Access Control) を外して Time Machine ボリュームを操作する必要はありませんでしたとさ (´・ω・`)ションボリ ま、何かの役に立つから良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク:

フォローする